ユーザー
商品一覧
カテゴリ
作家・ブランド
価格帯
贈り物
コンテンツ
銘々皿サイズの着物の形をしたお皿。 銘々皿としてはもちろんですが、一つ一つ手描きされた着物の柄は飾りとしても楽しんでいただけます。 全て手描き、手作業の為、同じ商品でも線の強弱や太さ、柄の付け方など多少違う場合があります。
染錦蘭 着物銘々皿┃ M's呉服店
5,800円(税抜)
残り3個
購入数

5,800円(税抜)

【サイズ】約奥行13cm×幅11.7cm×高さ3.2cm
【重さ】約133g
【産地】有田焼
【窯】秋月千草(伝統工芸士)
【材質】磁器
【付属品】化粧箱(草履の箸置きは別売り)

銘々皿サイズの着物の形をしたお皿。
銘々皿としてはもちろんですが、一つ一つ手描きされた着物の柄は飾りとしても楽しんでいただけます。
全て手描き、手作業の為、同じ商品でも線の強弱や太さ、柄の付け方など多少違う場合があります。

→同じシリーズ『着物の器』の商品をみる


詳しくはこちらから



当日〜1営業日で出荷予定

10000円以上お買い上げで送料無料
配送・送料についてはこちら

当店で販売している商品はmln table姉妹店でも販売しています。
その為、万が一ご注文いただいた商品がmln table姉妹店で販売され在庫がない場合は
その旨をメールにてご連絡後、再入荷の日程をご連絡します。


▼有田焼について
———————————————

桃山末期、豊臣秀吉の二回にわたる朝鮮への出兵の折、
肥前の鍋島直茂に伴われ、日本に渡った朝鮮の陶工・李参平が有田の地で、
磁器の原料となる陶石を発見し、1616年日本で初めて国産磁器の食器が焼かれました。
その後、鍋島藩の有田郷を中心とした陶磁器産業に対する手厚い保護育成により
「色鍋島」の絵模様の完成。
陶工・酒井田柿右衛門が苦心研究の末、
柿の色に似た独特の赤絵付けの成功により、華麗な錦絵と
やや青味を帯びた素地に描かれた染付を特徴とする有田焼の素因が築かれました。
以来400年、幾多の有名無名の陶工の手によって数々の優品が焼成され
江戸時代の日本でも主流の輸出品として、
東南アジアから遠く西欧諸域へ輸出されました。
現在は、佐賀県有田町を中心に伊万里市、武雄市、嬉野市一帯で焼かれる
焼物を有田焼と呼んでいます。


▼お手入れ方法
———————————————

磁器は吸湿性がないので、お買上げ後からすぐにお使いいただけます。

ご使用の際に、ケアして頂けると良いこと
〇ご使用の後は、早めに洗浄
〇オーブンでのご使用は厳禁です
〇うつわに食品や飲料を入れたままの保存などは汚れ、シミの原因になります

▼購入の際の注意点
———————————————

レンジ使用不可×/オーブン使用不可×/食器洗浄機使用不可×

※重さ、大きさは一つ一つ個体差があるため、目安としてご参考にご覧ください。
※一つ一つ手作業で行っているため、色ムラ・形が微妙に異なる場合がございます。
※ご覧のモニターによって、若干色が異なる場合がございます。

この商品を購入する

人気商品

  • 花輪4寸皿 青磁┃水谷 和音
    1,300円(税抜)
  • 花リム4寸鉢 青磁┃水谷 和音
    1,500円(税抜)
  • 輪花5寸皿 灰┃水谷 和音
    2,500円(税抜)
  • 花ボウル 小 灰┃水谷 和音
    1,500円(税抜)
  • 花湯呑 灰┃水谷 和音
    1,800円(税抜)

Instagram